湯屋「油屋」の経営者で正体不明の老魔女

ジブリ映画の有名作として千と千尋の神隠しという作品があります。この作品の内容を説明したいと思います。千と千尋の神隠しは主人公の千尋が引っ越しの途中で見つけたトンネルに家族で入っていくところから始まります。トンネルを抜けると街がありその街で父と母を動物にされてしまうという魔法にかけられてしまいます。

千尋は魔法を解くために銭湯で働くようになるのですが、そこには様々なお客様が来ます。そこで千尋はたくさんの経験を積んでいき成長していく物語なのです。

その銭湯の店主をしているのが湯婆婆であります。湯婆婆はいろいろな手を使って上手に人を操り銭湯を切り盛りしています。

そこで湯婆婆の使いとしてハクという人物がでてきます。ハクは一見悪役に見えるのですが実はとても深い傷を負っていてその傷を癒して回復させるのが千尋でもあります。この物語は千尋の成長とハクとの間の恋愛のようなものを描いた作品になっています。とても感動するので見ることをおすすめします。

Copyright(c) 2016   『千と千尋の神隠し』 ~トンネルの向こうは異世界でした~   All Rights Reserved.